当ブログ内で年末年始に役立つ記事まとめ【片付け・クリスマス・お正月・ホリデーシーズン】

ブログ100記事到達!よく読まれている記事トップ10をゆる〜いコメントつきで公開します

ワードプレスに移行してから早1年。

ようやく100記事に到達しました!これがちょうど100記事目です。

いろんなことがあったな…😭

思い出をゆるく振り返りつつ、ブログ界でよく言われる「とりあえず100記事」「100記事がスタートライン」という言葉について私なりの考えを最後に書きます。

 

よく読まれている記事トップ10!(〜2019年1月24日まで)

10位:インビザライン矯正7ヶ月目。マウスピース歯列矯正のメリット、デメリットを本音で書きます【体験記】

 

めるとわ

PVの伸び率から、2018年後半ぐらいからインビザラインが日本に普及してきてるんだなーって思った
toothbrushインビザライン矯正7ヶ月目。マウスピース歯列矯正のメリット、デメリットを本音で書きます【体験記】

 

 

9位:川上未映子さん「ウィステリアと三人の女たち」あらすじと感想 | 藤の花と、「わたし」の幸せ

 

めるとわ

好きすぎるものの感想とか分析は、しんどいこともある。私はこの記事を書いて文学作品の感想記事への諦めがついた。
ウィステリアと三人の女たち川上未映子さん「ウィステリアと三人の女たち」あらすじと感想 | 藤の花と、「わたし」の幸せ

 

 

8位:自分のキャラがわからない、という長年の悩みが一冊の本で解決した話

 

めるとわ

記事を一言で要約すると「ストレングスファインダーを一刻も早くやったほうがいい」
自分のキャラがわからない、という長年の悩みが一冊の本で解決した話

 

 

7位:服部みれいさんの「うつくしい自分になる本」を読みました【感想、書評】 

 

めるとわ

石田ゆり子様がインスタでこの本を紹介した時にものすごくPVが伸びたよ
うつくしい自分になる本服部みれいさんの「うつくしい自分になる本」を読みました【感想、書評】 

 

 

6位:デザインあ展in TOKYO(東京)レポート。混雑状況、オンラインチケット、ランチ情報など【2018年】

 

めるとわ

本当に面白い展示だった!しかし土曜7時からのEテレは毎度見逃してしまう(起きてない)
デザインあ展in TOKYO(東京)レポート。混雑状況、オンラインチケット、ランチ情報など【2018年】

 

 

5位:ミーツ国分寺に行って箱根ベーカリーのピザとクロワッサンを買ってきた話

 

めるとわ

地味に上位を維持してる。ピザを電車で持って帰った時「ピザの匂いテロごめん…」ってずっと思ってた。
箱根ベーカリー看板ミーツ国分寺に行って箱根ベーカリーのピザとクロワッサンを買ってきた話

 

 

4位:おしゃれでグルメな!京都観光におすすめのガイドブック、雑誌【2019年版】

 

めるとわ

Amazonで「京都 ガイドブック」で検索しても「d design travel 京都」が全然上位に来ないので記事を書きました。ちらほら売れてて嬉しい。
おしゃれでグルメな!京都観光におすすめのガイドブック、雑誌【2019年版】

 

 

3位:【写真多数】ハワイアン航空のエコノミークラスの座席、機内食、サービスをレポートします【クチコミ、評判】

 

めるとわ

飛行機はビッグワードだなぁと実感(しかしガチ勢が多いジャンルでもある)いろんなワードとの組み合わせで検索いただいてます。
ハワイアン航空の飛行機【写真多数】ハワイアン航空のエコノミークラスの座席、機内食、サービスをレポートします【クチコミ、評判】

 

 

2位:ドコモのプレミアムクーポンの抽選かなり当たります

 

めるとわ

軽い気持ちで書いた記事が、スター選手になったりする…
dpointclubドコモのプレミアムクーポンの抽選かなり当たります

 

 

1位:ドコモのプラチナクーポンはどのくらい当たるの!?

 

めるとわ

まさかのdocomoワンツーフィニッシュ
dpointclubドコモのプラチナクーポンはどのくらい当たるの!?

 

 

おわりに:「とりあえず100記事」「100記事がスタートライン」という言葉について思うこと

まず何のためにブログを書いているのかというと、「好きなものや価値があると思う情報を広めたいから」「収益化したいから」です。

なのでこの2つのバランスが取れている必要があって、「好きなものについてひたすら書ければそれでいい!」とか「とりあえず高単価の案件で稼げさえすればそれでいい!」というスタンスでこのブログをやっていないのです。

「好き・書きたい」と「需要がありそう」

この2つを満たしたネタを選び、記事にすることにやっと慣れ始めるのが100記事書いたぐらいなのかな、と思います。

もちろん個人差がありますが。

私の場合は、今ぐらいで「やっと慣れ始めた」という感覚で、PVが増える!収益が増える!みたいな段階に行けるとしたらもっとずっと先かなと思っています。

ただこの慣れ始めたところでやめるのはもったいないのでまだ続けたいです。

 

例えば、「本に携わる仕事がしたい」という漠然とした思いがあったとしても、その仕事が

著者、編集者、営業、本屋、書評家、ブックデザイナー、校閲、書評ブロガー、書店のウェブメディア担当、書店のイベント担当

のどれなのか。どれが自分に適しているのかってなかなかわからなくないですか。

で、もし編集者になったとしてもどんな本を自分が作りたいのか?って最初からはわからないと思うんですよね。

やっとわかってくる、のが「慣れ始めた段階」かなと私は思っています。

 

というのと似た感覚で、まず「ブログを書きたい」と思ってもどんなジャンル?とかレビュー記事?まとめ記事?とか自分で書いてみないと自分に何が向いているのか、何がウケるのか、わからないんですよね。

専門性がある人なら違うと思うけれど、私のように何となく生きてきた人にとっては「ブログを書きたい」というスタート地点では何をどう書いたらいいのかさっぱりでした。

でも100記事ぐらい書いたら、多少はわかってきたし、以前よりずっと楽しく、肩の力を抜きつつ書けるようになってきました。

より正確に言うと、どんな記事を書くのがしんどくて、どんな記事を書くのが楽しいのかわかってきた。

なので「とりあえず100記事」「100記事がスタートライン」という言葉は的を得ていると思います。

 

2019年中に300記事にするのがとりあえずの目標です。

飛ばしすぎて燃え尽きない程度に走り続けます。

 

→「ブログ運営」カテゴリーの他の記事を読んでみる

 

<関連記事>

ブログ150記事達成。100〜150記事の振り返り&ブログを続けようとすると身につくこと