年末年始に役立つ記事まとめ【片付け・クリスマス・お正月・ホリデーシーズン】

【バチェラー3】エピソード9・10・エピローグを見て思った正直な感想

 

バチェラージャパンシーズン3のラスト3回を見たので、思ったことをつらつらと書いていきたいと思います。

今のところ、このアイキャッチ画像のように私の心はカラカラに乾いています。

 

心変わりは仕方ないとしても、細部が気になるから後味悪い

一度水田さんを選んだけど、やっぱり岩間さんが忘れられない…

その気持ちは、まぁ理解はできます。

精神的に追い詰められた状況になると、判断力が鈍ることってありますよね。

でもバチェラーと岩間さんの行動、言動など細部に「え?」ってことが多すぎて、本当に後味悪い後半戦でした。

 

  • 水田さんにローズ渡した後に「めぐみーめぐみー」って呼ぶのか!??最後のローズセレモニーのモヤモヤ感ったらない
  • 水田さんと付き合っているときに「けじめをつけるために岩間さんに会いに行った」って、ただ会いたかっただけでしょ。けじめってなんだ…会いたいなら水田さんと別れてから行ってくれ
  • 岩間さんのネタバレSNSは視聴者やスタッフ、他の出演者への配慮ゼロ
  • イタリアデート画像流出

などなど、挙げだしたら止まりませんw

バチェラーたるもの誠実であれ、と言っておきながら小心者でズルいし自分たちのことしか見えてないのがバレバレである…

盲目な恋の恐ろしさ…これが人間のリアルなのか…

「自分がされて嫌なことは人にしない」という考えがスコーンと抜けていて、自分の気持ちにだけ従っているんだよなぁ。

大人だったらもう少しバランスよくできるのでは、と期待していましたが無駄でした。

 

玉砕覚悟で最初から岩間さんにローズを渡せばよかったのでは

もし、バチェラーが最後に岩間さんにローズ渡してたら、かなり綺麗なエンドで好感度もそこまで下がらなかったと思うのですが。

 

ドラマだったら

「家族があゆみを推薦しても、恋愛感情ないと言われても、俺は恵が好きなんや!」

という感じで、一途なバチェラーが玉砕するなりハッピーエンドなりで終わると思います。

でもそこを怯んでしまったバチェラーがとてもかっこ悪く、勇気がない😂

もしフラれても、それはかっこいい失敗だった。

 

バチェラーはこれまでの人生でずっと大きな失敗や挫折を避けてきたんだろうなと思いました。

避けて避けて、32歳になってしまって、尚更失敗が怖くなってしまった。

家が裕福だから挫折に向き合わなくても豊かに暮らせますしね。

バチェラーが本気でビジネスを一人で立ち上げて成功させようとした経験があったなら、水田さんの強さや魅力がもっとわかったかもしれません。

 

炎上商法なのか?でも芸能もビジネスも好感度とかイメージがとても大事ですよね

ここまで「え?」ってことが続くと炎上商法なのかな、制作サイドのAmazonにはどんな戦略があるんだろう?と気になってしまいます。

自然発生でここまでこじれた展開なの??

 

バチェラーも岩間さんも好感度を捨ててまで、安全を確保しながら結ばれたかったのかな。

芸能界やビジネスですごく大事な好感度のことはマジで考えなかったのでしょうか。

バチェラーで目立って今後の活動の追い風にしようみたいな考えは本当に、なかったの??

とするとある意味純粋すぎる恋愛だと言えますね。

 

ここまで好感度下がっちゃうと、その人にまつわる諸々にも影響が出てしまいますよね。

現に私はぶどうやシャインマスカットがとても好きだったけれど、もう今シーズンは買いたくないなという気持ちです。。

バチェラーカップルのことをもう思い出したくないので。

 

シーズン4は応援したくなる、憧れのカップルが見たいです!

シーズン3はある意味すごかったけれど、シーズン4は普通に感動したり憧れられるものが見たいです。

シーズン2はストレートにいいなぁと思える場面がほとんどで最終回では涙しました。

バチェラーにはそういうわかりやすい夢や感動が欲しい。

 

やっぱり中心となるバチェラーがどんな人かで話の流れがすごく変わってくるなとシーズン3で改めて思いました。

途中まではなるべく友永さんの良いところを見ようと頑張っていましたが、だんだんとそれが難しいことに気づきしんどくなりました。

シーズン4はバチェラーが人生経験豊富な大人で、あぁこの人と結婚したら幸せになれるだろうなという人を希望します。

 

→バチェラーやAmazonプライムの他の記事を見る