年末年始に役立つ記事まとめ【片付け・クリスマス・お正月・ホリデーシーズン】

【バチェラー3】エピソード7の感想&友永さんの魅力について

 

バチェラー・ジャパンシーズン3エピソード7を観たので感想を書いていきます。

今回はバチェラー友永さんの魅力についても考察してみます。

 

バチェラーシーズン3 エピソード7を観ての感想

  • ハニかんでる岩間さん可愛い〜クレープ作りは新婚さんっぽさがあふれていた
  • バチェラーはよく女性を水に飛び込ませたがる
  • 野原さんのバッグハグが似合いすぎる件
  • ドライブインシアター(私も初めて聞いた言葉)でバチェラー男泣き…野原さんとバチェラーだとほんとに何処かの国の王子様とお姫様って感じだよね…
  • 中川さん、そんなにいっぱいいっぱいになりながら頑張っていたんだなぁ😂あえて思わせぶりにしないところがバチェラーの優しさ
  • 来週の実家訪問楽しみすぎない!?
  • 野原さん→ギャップが炸裂!? 岩間さん→強めな質問 水田さん→ご両親は離婚しているとのこと 田尻さん→息子さんとしたら複雑だよね…

 

来週が待ちきれない😇

 

バチェラー友永真也さんの魅力とは

今回のバチェラーが面白いのは、やはり友永さんが魅力的だから、というところが大きいと思います。

そこで友永さんのどこが素敵なのか考えてみました。

 

王子様みたいでかっこいい&声がいい

まずルックスが本当に王子様みたいでかっこいいですよね✨

馬に乗って登場した時は、王子にしか見えませんでした。

しかもめちゃくちゃマッチョで、細身で何を着てもキマる。

 

あと声もすごくいいと思います💓

低めで落ち着いていて、関西弁で、ずっと聴いていたくなるような声!!!

結婚してほぼ毎日一緒に過ごすとなると声は毎日聴くので、声が好きかどうかは大事だと思います。

 

ハイスペックすぎる

いやーーもうハイスペすぎるでしょ、こんなハイスペな人実在するんだ、貴族ってほんとにいるんだ、、というね。

フランス語、高級車、ゴルフ、乗馬…王子のための課程を網羅してらっしゃる。

イケメンなだけじゃなくて、本当にお育ちが良い方ってこういう方なんですね。

 

 

なのに気取ってなくて気さく

イケメンでハイスペ、なのにかなりフランクですよね!?

そこが好感度が高いです。

最初のPVを見たときは気取ってそう?ちょっとチャラそう?と思ったのですが、本編が始まってみると全然そんなことはなく。

「めっちゃ可愛いわ〜」「ほんま美味しい〜」などなど親しみやすい雰囲気があって、堅苦しくなくて見ていてとても心地よいです。

田尻さんと肩を組んで「俺たち夫婦に見えるやろ?」とかね。

なんだか、絶妙に面白い瞬間がある。

 

貴族すぎて一般人の感覚からはわかりかねるwと思うときもかなりありますが、そこが「バチェラー」らしさ。

無難な人だとあまり面白くないのですごく盛り上がる人選だと思います。

 

褒め上手、聞き上手、言葉が嘘っぽくなくて誠実さが伝わってくる

言葉にビジネスっぽさやお世辞っぽさがなくて、誠実さが伝わってきます。

ストレートすぎるwと感じることもありますが、誠実さが伝わるから嫌味な感じはしないんですよね。

 

女性と一対一で話しているシーンを見ても、女性の話を丁寧に聞いてくれるし、いいと思ったことはストレートに褒めてくれるし、見ていて清々しいのですよね。

言葉というのは取り繕ってその場しのぎでよく見せられるものではありません。

友永さんのこれまでの生き方が、発する言葉にとてもよく表現されているように思いました。

 

色仕掛けには惑わされないし、真剣に向き合う姿勢が素敵

女性たちに真剣に向き合って、真剣に結婚を考えているところが素敵だなぁと思います。

色仕掛けには惑わされないし、若さだけでは選んでいないし、女性にまっすぐ向き合っている姿勢が素敵です。

ぶりっ子には「普通の喋り方の方がええで」と率直に伝えてるところも個人的には好感が持てました。

思わせぶりな態度もそこまでしませんし、言葉と行動がかけ離れていないところに真剣さが伝わってきます。

 

 

…以上、エピソード7の感想と友永さんの魅力の考察でした。

バチェラー史上一番ハマってるシーズン3💝

来週も楽しみです!!

 

<関連記事>

【Amazonオーディブル】目を使いすぎる現代には本を耳で聴くメリットがいっぱい

 

メリアルーム赤バラ【写真多数】記念日はバチェラーみたいな赤いバラをプレゼント【半永久的に飾れます】

 

→バチェラーやアマゾンプライムの他の記事を見てみる

 

 

アイキャッチ画像:Photo by Chris Karidis on Unsplash