当ブログ内で年末年始に役立つ記事まとめ【片付け・クリスマス・お正月・ホリデーシーズン】

2019年のいま、数年前より住む街に求めるものが減ったという話

 

今わたしが住んでいるのは東京の市部の街で、最寄駅付近にはツタヤなどのレンタルショップがありません。

2015年、結婚を機に引っ越すときに「近くにレンタルショップがないのは、正直つらいな…」と思いました。

CDやDVDを借りるのが好きだったのですが、わざわざ電車に乗って借りて返すのは面倒だなぁと。

 

しかし、2019年の今、レンタルショップが近くになくても何も困らない!という状況になっているんですね。

YouTubeや動画配信サービスで見たいものは常時山のようにあるし、Amazonでポチッと映画をデジタル配信でレンタルすることもできます。

音楽はだいたいSpotifyかAmazonプライムミュージックかYouTubeで聴けます。

完全に、レンタルショップがなくても大丈夫な時代が来たのです。

この数年で時代の流れも、私が街に求めるものも変わってるな〜と思ったので、今日はそういったことについて書いてみます。

 

家で見られる動画、聴ける音楽が充実しすぎてる

最近ほんとに視聴したいものが多すぎて、時間がいくらあっても足りないという状況です。

  • YouTube
  • Netflix(主にテラスハウス)
  • PLANETSチャンネル
  • Amazonプライムビデオ(主にバチェラー)
  • dTVチャンネル(主にNewsX)

 

この辺りをよく見ています。

なんといっても!2019年1月に会員になったPLANETSチャンネル(評論家の宇野常寛さんが編集長のニコニコ動画のチャンネル)が面白すぎて、これまで見てこなかった過去放送を毎日のように見ています。

大げさではなく、PLANETSチャンネルを見るようになってから見える世界が変わった…

あとテレビの見逃し配信もありますね。

レンタルショップのことを思い出す暇もないくらい映像コンテンツが溢れています。

 

音楽もクラシックからJ-POPまで無料でほとんどのものが聴けるし、1、2年前ぐらいから急に家でコンテンツリッチになってる気がします。

図書館でクラシックのCDを借りたり、レンタルショップで借りたCDをカセットテープやMDに録音していた頃が懐かしい。

 

そんなわけで、家での時間が充実しすぎてるので街が刺激的でなくても毎日楽しく過ごせるなぁというのが2019年の正直なところです。

 

グルテンフリーを意識しはじめたら街の見え方が変わった

いろいろな健康法を試すのが趣味で、数年前からグルテンフリー(小麦を食べない)を意識して生活しています。

といっても完全なるグルテンフリーではなく、平日はご飯とおかずという食生活にするぐらいで、おやつや土日祝日の食事は割と好きに食べていますが。

とはいえ、この生活をしてから体調が良いのでグルテンフリーはゆるくでも続けようと思っています。

 

グルテンフリーを意識し始めると、世の中に小麦製品がめちゃくちゃ多いことに気づきました。

外食できる場所がかなり限られます。

引っ越してきたときは「レストランとかカフェがそんなに多くないなー」と少し寂しく思ったのですが、今やすっかりグルテンフリーで自炊orお惣菜派なので、外食できる場所が少なくても問題なしです。

外食はめちゃくちゃ美味しいところなら行きたいので、出かけた先でできればいいかなと思い、自宅の近くに何軒もなくてもそんなに不便には感じないなぁ。

 

というわけで、家の近くにいい感じの飲食店がいっぱいある、ということもそこまでマストではなくなってしまいました。

 

いま街に求めるものは

じゃあどんなものが街に必要何だろう?と考えてみました↓

  • 食品、日用品が買える場所が近くにある
  • 本屋が近くにある
  • 電車にちょっと乗ればデパートや大きなショッピングモールに行ける
  • 静かに、平和に暮らせる

…というぐらいかな。

 

インターネットが発達したおかげで住む街が栄えてる必要っていうのはそんなになくなってきていて、混雑してるぐらいだったら閑散としてる街に住みたいなぁと思います。

いやホント東京どこも人多すぎるからね…平日昼間なのに何でこんなに電車混んでるの!?って毎度疑問です。

ここ数年ますます東京がパンクしてる感はある…

お金をそこまで使わなくても、家にいても楽しいことがいっぱいあるので、住む街がどうこうより使える時間がいっぱいあるかどうかの方が豊かさを左右するように思います。