【大型複合施設】開業1ヶ月前の立川グリーンスプリングスの外観を見てきました

英会話の面白さは「会話の内容」にある

 

英会話教室に通い始めてから3ヶ月ほどが経ちました。

最初の頃は1時間のレッスンで疲労困憊だったけれど、最近やっと少しずつ楽しめる余裕が出てきたかなぁ。

 

朝にTEDのYouTube見るのにハマってる。スーザンケインさんのスピーチ内容、声、ルックス、すべてがツボすぎる…!

 

英会話の面白さはなんだろう、と考えたときにそれはただ「英語で相手に伝わることが嬉しい」ということだけではない気がした。

私は英会話で取り扱う話題、つまり会話の内容がその面白さの根源だと思った。

日本人同士の会話ってたまに窮屈と感じる、とか話題が物足りない、と感じている人は英会話始めるとハマるかも!?

 

この記事では、欧米人、フィリピン人合わせて10名ほどと話して感じた英会話の面白さについて深掘りしていきます。

 

意見が違ってもいい。議論ができる

日本に30年ほど住んでいて思うのは、議論をすることがとても少ないということ。

共感する、同意することが重視されていて違う意見を言い合える場は限られている。

私としては「私はこう思う」「あなたはこう思う」違う意見だねーという感覚で会話していいと思っているんだけど、日本人の多くの人はみんな一緒がいいという価値観のように感じます…

意見の多様性への寛容さが合わないなと感じる場面が多々あった。

 

しかし、英会話のレッスンにおいては違う意見を言ってはだめだ、という雰囲気はまるでないです。

意見がないことが一番問題で「好き」「嫌い」「賛成」「反対」を、ちゃんと伝える。理由も含めて。

これがめちゃくちゃスッキリする!!!

「あなたが嫌いな俳優を挙げて、その理由を話してください」ってテキストに普通に載ってたりします。

日本人の感覚では教科書にそんなことが載ってること自体、驚きだった。

でも、アメリカの感覚としてはそれは冷静に意見を述べるためのトピックのひとつに過ぎないということね。

 

私の英語は決して流暢とは言えないし、中学生レベルの英会話だとは思うけれど、それでもなんとか単語を繋ぎ合わせれば大枠は伝わっている気がするし、とにかく自分の意見を言えることが楽しい。

英会話のレッスンを受けていると自分が解放されていくような感覚がある。

 

とは言え、ブログをこれだけ書いていてもまだまだ自分のことを話したり、意見を言うことに慣れていないなぁと感じる場面も…

この質問、日本語でもうまく答えられないよなぁと思ってしまうこともある。例えば、あなたの家族で一番好きな人は?その理由は?とか。考えたこともなかったよ!

英会話を始めて、英会話以前の問題に気づく場面がよくあった。

 

日本や世界を良くするためにはどうすればいいか話し合える

英会話のレッスンで面白いのは社会的な問題について話せること。

この間は「J-POPを始め日本のカルチャーはなぜここ10年でダウン傾向なのか」「日本はプラスチックゴミを出し過ぎだけれど、それについてどう思うか」などを話しました。

そうそう、私はこういう世界を前に進めるための話がしたかったの。

 

日本での会話というと、自分の近況報告と自分の身の回りの人(家族、恋人、共通の友人、職場の人)の話と芸能とかの話がほとんどじゃないですか。

それはそれで楽しいんだけど、日本を担っていく20〜30代の人が日本や世界という社会について考えたり話したりしなくていいのかな?という気持ちがある。

 

↑こちらの動画で日本の動画コンテンツの未来について議論されているけれど、日本人は内輪ネタや共通言語がある話題が大好きという話をしていた。ちなみにこの動画は「The UPDATE」の中で神回です

 

昭和までは人の言うことを聞く従順な人が重宝されたと思うのだけど、令和は流石にそれじゃ時代に取り残されるでしょう。

この記事を書いていて、私は日本に合ってないんじゃないかという気持ちが強くなってきた…w

 

外国ならではのユーモアのセンス、明るさがある

これは感覚的だし例外もあるだろうけど、外国の人は明るいなと感じることがよくあります。

「今日はハッピーよ!だって晴れているからね!」と言われた時、あぁその感覚はなかったなぁと思った。前向きですごくいい!

アメリカンジョークも好きで、日本人よりも海外の人の方が笑いを取るということに積極的な気がする。

 

あと明るいなぁと感じるのは謙遜の姿勢が日本ほどない、というかほとんどないから。

自分にあった良いことや自慢をフツーに話して、褒められても「ありがとう!」みたいな。「それほどでも」という日本とは本当に違う。

 

私自身、謙遜ってしすぎるとめんどくさいな、謙遜ばっかりしてたら話すことなくなっちゃうじゃんと思っていたので素直にコミュニケーションできる英会話の感覚はかなりラクです。先生と生徒という関係性だから、ということもあるだろうけど。

こんなに言葉は不自由なのに、心はラクなのだ。

あーっ、私はなんで今まで日本を出るという選択肢を考えなかったんだろう!?

ただ日本にいてもこんな日本に違和感を持っている人と繋がれたらいいなと思う。

 

英会話教室に加えて先月入会したオンライン英会話のレアジョブ英会話の頻度も上げていきたい…!