当ブログ内で年末年始に役立つ記事まとめ【片付け・クリスマス・お正月・ホリデーシーズン】

私が食べ物への関心が高い理由

フルーツ

 

日々ブログ、InstagramTwitterを更新しているわけですが、食べ物に関する投稿が自然と多くなっています。

食いしん坊な人みたいですね😋

私は、昔から食に対する意識が高かった人ではなくて、美味しいもの、体にいいものを食べたいモチベーションが上がってきたのは割と最近のことです。

ここ2、3年のことかな。

どちらかといえば少食な方だし、胃腸が屈強というわけではないので、グルメを楽しむという発想もあまりなかったんですよね。

 

でも、
・病気をしたこと
・結婚して自分で料理を作るようになったこと
・インターネットの情報に多く触れるようになったこと
によってすっかり、美味しいものを日々求める、フーディー(foodie)になってしまいました🍴

この記事では、私がフーディーになった理由を書いていきます。

 

病気をして、美味しく食べられることのありがたみがわかった

実は、虫垂炎(盲腸)で入院、手術をしたことがあります。

盲腸というと「手術が簡単で、すぐ治る病気」というイメージがあると思いますが、私は救急車で運ばれたのに胃腸炎だと帰されてしまって、そのあと重症になってから虫垂炎と診断され、本当に大変でした…

「今すぐ手術をしないと命に関わる」と宣告された時は、痛みで意識が朦朧としている中、私は生きるか死ぬかの瀬戸際にいるんだな…と思いとても怖かったです。

 

診断がつく前〜手術が終わって1週間後までは水分をとるだけで完全に絶食していましたし、診断がつく前から体調不良が続いていたので、美味しく食べられない期間は1ヶ月ぐらいありました。

本当に、つらかったです。

でも、絶食明けのおかゆが美味しくて美味しくて。

何かを食べてこんなに涙が出たことは、今までになかったです。

 

そういう強烈な体験があり、美味しくごはんが食べられることはすごく幸せなことだと、強く実感しました。

病気をする前からわかっていたつもりでも、やはり病気前と後では食に対する執着心がまったく違います。

時間がないときは適当になってしまうこともあるけれど、一食一食大事にしたいなという気持ちは、いつもあります。

 

退院後もすぐに日常生活ができる訳ではなく、落ちきった体力を戻すのにかなり時間がかかりました。

どこかに遊びに行く元気もありませんでした。

でもこの状態から早く脱したいと思い、図書館で借りた健康本を読み漁る日々が続いたのですが、その中で食べ物は健康に大きく影響するということを学びました。

 

世の中には多くの健康法がありますが、まずは食べ物です。

体の中に入れるのですから、やはり体に大きな影響を及ぼします。

美味しいことはもちろん、体にとって良いものを食べたいなと思うようになりました。

 

あ!でもそんなにストイックに「オーガニックでなきゃ!」とか「砂糖は取らない!」とやっているわけではないです。

なるべく、ほどほどに、自分が心地よくいられる程度にしております。

 

自分で料理をするようになり食への関心が高まる

結婚して自分で食材の買い物、料理をするようになったことも大きいです。

実家にいる時とはちがって、食べるものの選択権がほとんど自分にあるので、自然と食に対する関心も高まるところがあります。

 

食料品を買いに行くのが好きで、いつも近所のスーパーに行く訳ではなく、隣町までわざわざ行ったりもします。

お気に入りは成城石井で、月に数回行くぐらいだけども、行くたびに「もー本当に最高!」って思っています。

成城石井のおすすめ商品の記事はいつか書きたいな。

 

スーパーで旬を感じる瞬間(シャレかw)もすごくいい。

季節の野菜が出てくると、春だな〜って思ったりするし、栄養価の高い旬の野菜はどれもこれも美味しいです。

いつも同じものを食べるのは飽きてしまうので、新しい食材にチャレンジするのは日々のスパイスになっています。

 

料理はもともと好きじゃなかったけど、いいレシピと食に貪欲な夫に助けられた感はあります。

くらしのきほん」と「みんなのきょうの料理」というレシピサイトは特におすすめ。

ネットがあるとレシピもどんどこ出てくるし、困ったことは調べればいいし本当に便利な世の中です。

ネット上には「美味しい」があふれてる

先ほどまでは自炊の話でしたが、今度は外食の話を。

ネットで有名な人のSNSを見ていると、美味しそうなものがたくさんありますよね。

私ずっと東京に住んでるのに、全然東京を味わえてないじゃん!ってSNS始めたての頃に思いました。

 

あと「一休.com」というレストラン予約サイトを眺めていると行ってみたいなーってところがわんさか出てきますね。

いいレストラン開拓プロジェクトは、少しずつ進めています。

 

どこかに出かける、となってもGoogleマップでお気に入りに保存したお店が近くにないか探してしまうし、美味しいお店探しは

本当にエンドレス!

まだまだ行ってみたいお店がたくさんあります。

 

まとめ:食事は体を作るもの。元気→美味しいもの→元気…というサイクルを回していく

…というわけで、珍しく自分の話を書いてみました。

 

美味しいもの、といっても豪華な食事というわけではなくて。

質素でも、栄養バランスが良くて、体に良くて、美味しいものを食べたいなと思っています。

豪華な食事は、たまにで十分です。

 

食事は毎日のことで、用意をするのが面倒〜ってなることもあるのですが、元気であれば美味しいものを用意しよう!という気力があるし、美味しいものを食べれば元気になる!というサイクルがあると思うんですよね。

そのサイクルで生きられる日が多くなれば、元気に動ける日も多くなる、ということで、それは生きていく上で時間を有効に使えるということにもなります。

 

美味しいものに貪欲になると、元気になるし、日々の充実度が上がる気がします。

あと、フーディーでいるためには胃腸を適度に休ませることも大事だと思っています。

こちらの記事もよければどうぞ↓
1日2食生活を、ほぼ1年続けてみての感想=メリットがいっぱい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください