当ブログ内で年末年始に役立つ記事まとめ【片付け・クリスマス・お正月・ホリデーシーズン】

ときめくレシピ本「ふたりのごはん」で日々の食卓がワンランクアップ!【感想】

ふたりのごはん

 

「夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家  ふたりのごはん」(KADOKAWA)を読みました。

 

 

この表紙だけですでにときめいてしまいます。

表紙のフレンチトーストがとても美味しそうで、題名と表紙を見た瞬間「買いたい!」と思い、パラパラっと見て即買いでした。

特に料理本を探しているわけではなかったのですが、日々の食卓のマンネリ化を解消したいなーとぼんやり思っていたところ、この本に出会いました。

 

著者は、ホテルオークラ元総料理長の根岸規雄さんと、料理家の石原洋子さんご夫妻。

料理のプロ中のプロのおふたりが、上品で普段使いできるレシピ50品を惜しみなく紹介してくださっています。

和洋のバランスもよく、どんな年代の方にも有効な一冊だと思います。

 

 

私が考える、良い料理本とは

  • 美味しそう、作ってみたいと直感的に思うレシピが多数。そして実際に美味しい!
  • 作り方がシンプル
  • 普通のスーパーに売っている食材を使っている

この3点が、私が考える良い料理本の条件です。

 

まず直感で「わー美味しそう!素敵!」と思えること。

そして、食材を買う段階や作る工程に困難が少ないこと。

これがとても大事だと思っています。

こんな食材うちにないよー、とか、作るのに手間がかかるなーというレシピだと、一度作っても結局レパートリーにはならないんですよね。

 

「ふたりのごはん」に載っているレシピは、どれもほんっとうに美味しそうだし、作り方、食材もシンプル。

ホテルオークラ、というと敷居が高そうなイメージがありましたが、使っている食材のほとんどは普通のスーパーでよく見かけるものです。

 

普段使っている食材にこんな使い方があるんだ!という発見がたくさんありますし、栄養バランスが良く元気が出そうなレシピばかりです。

本当に、50品すべて作ってみたいです。

 

日本の四季を存分に味わいたくなる

 

四季折々の食材を使った季節の料理レシピもたくさん!

その季節にしか味わえない食材の生かし方が、粋で、アイデア満載なのです。

たけのこといえば「たけのこごはん」か「煮物」しか作ったことがありませんでしたが、「ふたりのごはん」を入手した今、来春にはたけのこレパートリーがかなり増えそうだ(にやにや)と、たけのこの季節が待ち遠しいほどです。

 

たけのこの料理だけでも

  • たけのことちくわのきんぴら
  • たけのこ酢豚
  • たけのことハムのクリーム煮
  • たけのこちらしずし

の4つが掲載されています。

季節ごとの常備菜のレシピも載っているので、日々の作り置きの最強の助っ人となることまちがいなし!

 

おわりに

 

おふたりの料理にまつわるエピソードや、普段の素敵で丁寧な暮らしも伺えて、こんな風に年を重ねたいな〜と憧れました。

文章や写真が美しく、読み物としてもとても面白いです。

食を極めたおふたりの人生が散りばめられています。

 

一冊手元にあると、今日のごはんに迷った時の強い味方になります。

実際に4品ほど作ってみましたが、どれも手早くできて美味しかったです!

 

一品新しいレシピのものがあるだけでも、今日のごはんの楽しみが全然違いますよね。

四季折々の「ふたりのごはん」のレシピを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください