【感想・レビュー】WELEDA(ヴェレダ) エーデルワイスUVプロテクトは、香りが好きな日焼け止め

ベンチャー創業期あるあるがわかる本を、会社を興す予定がない私が読んだ理由

 

「成功者の告白  5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語(ストーリー)」(著:神田昌典)を読みました。

 

エピローグに

この物語は、独立からの五年間に起こる典型的な出来事を、複数の実話をベースにパターン化したものである。

とあるように、起業のストーリーのよくあるパターンを小説形式で紹介している本です。

成功譚というよりは、こうならないように気をつけてね、という反面教師的な情報として、起業を考えている人は一読の価値あり!な一冊だと思います。

すらすらと読みやすく、本当に3時間ほどで読み終わるので忙しい人にもおすすめしたいです。

 

 

会社を興こす予定のない私が、この本を読んだ理由

私は個人でブログを書いている個人事業主ではありますが、社長になって従業員を雇って組織を大きくしたい!といった野望は今のところありません。

ひとりでひっそりとブログを書いていたいです。

この本は、対従業員、対家族、対取引先、などの人間関係にまつわる話がほとんどなので、個人ブロガーにとくべつ有益な話というわけではないんです。

でもとても面白く、どんどんのめり込んで読み進められたのは、自分がベンチャー企業で創業期に働いた経験があったからだと思います。

もちろん普通に読み物としても面白いのですが。

 

ベンチャー企業での勤務経験は、自分にとってはうまくいかないことの連続(会社は順調だったと思います)で、結局体調不良で1年足らずで辞めてしまいましたが…

なぜこうなってしまったんだろう?なぜうまくいかなかったんだろう?という疑問は、うっすらと心のどこかにありました。

ですが、この本を読んでいると「そういうことだったのか…!」と疑問が晴れていく瞬間、本の中と自分の記憶がリンクする場面が多々あり、読み終えた今はスッキリした気持ちです。

 

経験とリンクする読書の面白さ

本は知らない世界を教えてくれるもの。新しい情報を得るために読むもの。

普段はそういった理由で本を読むことが多いです。

でも、「成功者の告白」を読んで、過去の出来事の答え合わせをするための読書もまた良いなと思いました。

そういう読書は、自分の歩んできた道に安心感を与えてくれます。こういう経験もアリだったんだって。

そのまま見て見ぬ振りをして通り過ぎればよかったような出来事でも、謎が解決しきれないモヤモヤ感は確かにあって。

そのモヤモヤ感を解消するために、「成功者の告白」という本がどれだけ有効だったかは計り知れません。

 

おわりに

起業を目指していない人でも、いまベンチャー企業で働いている人は人間関係的な処世術として知っておくと生きるのが楽になるなーという情報がたくさんありました。

仕事と家庭は切り離されている訳ではなく、とても密接に関係しあっている、とか。

起業を目指している人はぜったいに読んだ方がいい一冊だと思います!

数千社の社長と関わりのあった著者さんだからこそ書ける、起業のエッセンスが凝縮された本です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください