当ブログ内で年末年始に役立つ記事まとめ【片付け・クリスマス・お正月・ホリデーシーズン】

困った時、悩んだ時に本に頼る人がもっと増えればいいのに

book

 

私は何か解決したいなと思うことがあったら、とりあえず本にあたります。

本屋に行く、Amazonで検索してみる、図書館に行く…

自宅の本棚を眺めて、以前購入した本を再び手にとってみたりもします。

先人たちの知恵や知識、情熱が本には詰まっていて、本を読んで解決の糸口が見つかることは、とても多いです。

 

でも、「本を読んで解決する」人ばかりではないですし、むしろそういった人は少ないのでは、と思うことがよくあります。

本を読めばもっと楽になれそうなのにな、とおせっかい心を発動させてしまうこともしばしば。

本屋で社員をしていた頃は、山のように入荷しては山のように返品されていく本を眺めて、本がもっと読まれる日本になればいいのにとよく思っていました。

この記事では、本屋行こうよ!本読もうよ!ってことについて書いてみます。

 

本の恩恵を受けたなあと思うこと

困った時は本が解決してくれる、と気づいた原体験は小学校低学年のときです。

当時、逆上がりが苦手で困っていたのですが、「逆上がりができるようになる本」というドラえもんの学習漫画(現在はないようです)を読んでみたところ、コツがわかってできるようになったのです。

その時に、コツを知っているだけでこんなに簡単に「できる」に近づくことができるんだなと思いました。

 

受験勉強の時も、いい参考書探しをがんばっていました。

わかりやすい参考書に出会えるとモチベーションは上がるし、頭に入りやすくなるし、いいことずくめでした。

天才的な人でない限り、いい著者に出会えるかどうかで受験勉強に関しては相当差がついてしまうと思います。

私は、いい参考書のおかげで高校受験も大学受験も自分の実力以上の結果が出たような気がしています…

 

その後の人生においても、本に助けられたことは数知れず。

何か手に入れたいものがあった時はいつも本がそばにありました。

今だって、ブログに関する本にお世話になっています。

本=小説だけ、ではない

本が苦手ーって人は、小説を読まないというだけで文章が苦手なわけではないと思います。

だって、日本人のほとんどの人は、スマホで毎日のように文章を読んでいるからです。

小説は好きな人だけ読めばいいのです。

小説は娯楽であり、心を慰めてくれるもの、人間を深く知れるもの、あれば人生を豊かにしてくれるデザートのようなものという位置付けです、私の中では。

 

本屋にあるのはもちろん小説だけじゃなくて、実用書、ビジネス書など知識として知っておくだけでそのあとの人生が何倍、何十倍にも素敵なものになる、という本がたくさんあります。

日本人みんなが文学好きになる必要はないけれど、日本人みんなが本屋で必要な知識を仕入れるという習慣を身につけたら、日本は変わるんじゃないかって思います。

小説は嫌いでも、本のことは嫌いにならないでくださいっっ!!(あっちゃん)

 

本を買う、はリスクの少ない解決方法

本の価格はだいたい1000円前後です。

文庫本だと500円前後で、電子書籍だとセールで半額以下で買えたりもします。

これだけの情報量があって、この値段!?って思いますよ。

本は価格が高くないので、リスクの少ない問題解決方法です。

買った本が面白くなくても損をするのは1000円程度、それに誰かにあげたりメルカリで売ったりしてもいいのです。

 

どうしても本にお金をかけたくない場合には図書館があります。

新刊はなかなか借りられませんが、少し前の本でよければ十分に在庫がありますし、読んでみて合わなければ返せばいいだけです。

 

おわりに

例えば恋愛のハウツー本などは、買うの恥ずかしいな〜という人もいると思います。

でも、そこは、買っちゃいましょうよ、読んじゃいましょうよ。

結婚してしまえば恋愛本を読みたかった頃のことはもはや懐かしいし、恋愛本を読みたい気持ちなんてなくなります。

今読みたい、今知りたい、という気持ちに正直になって、欲しいものを手に入れてくださいね。

日本は暮らしやすいけれど、必要な知識は自ら掴んでいくことが大事な国だと思っていますよ。

 

店員さんにレジで渡すのが嫌だったらAmazonだって電子書籍だって、今の時代なんでもあります。

でもね、読書好き芸人そして作家の又吉先生がいつかのテレビで言っていました、「読んで恥ずかしい本なんてない」って。

何よりも、読みたい気持ちを大事にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください