当ブログ内で年末年始に役立つ記事まとめ【片付け・クリスマス・お正月・ホリデーシーズン】

「国立薬膳カレー やさい」は体に優しい本格レトルトカレー

 

レトルトカレーの「国立(くにたち)薬膳カレー やさい」を食べてみたので、感想を書いていきます。

パッケージが可愛かったので、スーパーで思わず手にとってしまいました✨

↑ネットでも買えます!

 

 

 

パッケージと公式HPによると…

  • 厳選された30種類のスパイスとハーブを使用して作った贅沢なカレー
  • ラード、小麦粉、増粘剤、甘味料、化学調味料、着色料不使用
  • じっくり煮込んでとろみを出している

こだわりと、食べる人への思いやりがいっぱい詰まったカレーなんです。

国立薬膳カレー誕生秘話はこちら

 

 

カレーをお安く提供するのに、必須の動物性の脂と増粘剤・小麦粉ですが、これらはお腹の中で混ざり合い、糊状のものになります。
これが厄介で、38度以上の高温でないと溶けません。
そして人間の平熱は36~37度と言われています。
つまり、人間の体温では時間をかけないと溶けないということです。
このお腹にたまった糊が、胃もたれの原因となります。

(国立薬膳カレー公式HPより)

一般的に流通しているカレールーは、だから消化に負担がかかっていたんですね。

知らなかったです。。

 

原材料はこんな感じです↓

 

 

さぁ、いただきます!

口に入れた瞬間は野菜の甘みが広がるのですが、辛口なので後からじわじわと汗が出てきます。

野菜とスパイスが織りなす複雑な旨味がたまらなく美味しい…😭

 

しっかり煮込まれているので、とろみもあります。

でも、驚くほどさらさらと食べられるんですよね。

食べ終わってからも、胃もたれや、胃に負担がかかってるなーという感じがまったくありません。

すっきりと食べられ、本当に体にいいカレーとはこういうものなんだなと思いました。

 

私は野菜を食べましたが、全部で4種類あります

ビーフ

チキン

ポーク

野菜

 

たくさん作りたい場合はカレールーも!

カレールー

 

私は次はカレールーを買ってみようと思います!

 

 

国立薬膳カレー 公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください