【大型複合施設】開業1ヶ月前の立川グリーンスプリングスの外観を見てきました

学生時代にやりたいことがないなら英会話を始めてみよう

 

30歳になってから英会話を始めましたが、「なぜ、もっと早くから始めなかったのだろう…」とモーレツに後悔することがあります。

 

  • 大学、特に面白くないなー
  • 何をしたらいいかわからない、とりあえず授業とサークルとバイト行って遊んでるだけ
  • 特にやりたいことがない

という場合は全力で「英会話やってみたらどう??」とすすめたいです。

 

私自身、受験勉強の英語は得意科目でしたが、いま英語を話せるかといったらからっきしで…

頑張って単語や文法を覚えたり、長文が読めるようになっても「使える英語」は全然身についていなかったんですね。

夫がドイツ赴任になるかも!?という話が浮上して慌てて英会話の練習を始めて3ヶ月、というところです。

 

この記事では学生時代に英会話をやっておいたほうがいい理由について書いていきます。

 

英会話習得には時間がかかる

よく本屋に「この本を読めばすぐに英語ペラペラに!」「聞き流すだけで英語が話せる!」みたいな本があるじゃないですか。

あれは、嘘です。。

自分が英会話の練習を始めて思うのは、英会話習得にはとにかく時間がかかるということ。

本一冊読んだだけで、片手間で英語を聞き流しただけで英会話ができるはずなんてありません。

地道なトレーニングを積み重ねていくしかないのです。

 

  • 週1回の通学型英会話スクール
  • 週2〜3回のオンライン英会話
  • その予習と復習
  • あとは英語の知識を増やすための本を読んだり

 

といったことをしていますが、まだまだまだまだ道のりは長い、と感じています。

最初のころは外国人と対面で話すという事態に慣れなくて、とても緊張&疲労していました。

 

ただ語学というのはスポーツのようなもので、やっていれば慣れるし、慣れるまでやるしかないといった感じです。

頭を使うというより、体で覚えていくというか。楽しく習慣にすることが大事だと思います。

とにかく回数をこなしていけば、自分の口から徐々に英語が出てくるようになってきます。

だから、時間のある学生時代にやっておいたほうがいいのです。

10年前から英会話を続けていたら、どんなに話せるようになっていただろう!と思います。

 

 

日本の普通の教育カリキュラムでは英会話の練習が少なすぎる

学校教育において、英語を話す練習が少なすぎると思いました。

私は公立中高→私大文系でしたが、英語を話す練習はほとんどした記憶がないです。

ひたすら文法&長文読解だったような。

学校の英語教育は受験勉強に合わせたものなので、使える英語はほとんど教えていないんですね。

受験勉強で培った知識は今の英会話を助けるものになっているとは思いますが、話すスキルがまったく身についていないまま大人になってしまった私のような人がたくさん…ということになってしまいました。オーマイガー

若い時のパワーは今振り返ると貴重です。そのパワーを有効活用したらよかったのにな!と本当に思います。

 

普通に学校教育を受けているだけでは英語を話せるようにはならないので、英語が話せるだけで日本の中ではかなり希少な存在になれます。

若いうちに英語が話せるようになれば就職時や海外旅行時など、ものすごいアドバンテージになりますよ。

 

長い人生で英語が必要になる確率はかなり高い

これからの長い人生において英語が必要になる確率って、かなり高いと思うんですよね。

私は学生時代に「自分はずっと日本に住むから英語は必要ない」と考えていました。

ですが、結婚して夫に急にドイツ赴任の話が舞い込んできて「人生、マジで何が起こるかわからないな…」と心底思っています。(ドイツ語も勉強中。ドイツ人は英語をかなり話せるようなので、両方勉強しています)

 

これから日本は人口減少、経済の伸びも見込めず若者はどんどん海外に出ていくようになると言われています。

企業は新たな市場を求めてどんどん海外進出をすすめていきますし、日本にいても外国人と取引をしたり外国人のお客さんを接客する必要が出てくる可能性が高いです。

 

日本語しか話せないということは、日本から出られないということ。

日本語を話せる人としかコミュニケーションができないということ。

英語が話せれば、何かあったら日本を出る、日本語話者以外と話せる選択肢があります。

もちろん英語が通じない地域もありますが、まずは何はともあれ英語ができれば第一ハードルはクリアといったところ。

 

英語が必要になる場面は急にやってくることもありますし、急に海外住みたい!という気持ちになるかもしれません。

しかし海外熱が高まっても英語力が追いついていないと、理想と現実のギャップにかなりやきもきすることになります。現に私がそうなっている…

英語が話せる、というカードは入手するのにエネルギーと時間がいることなので若いうちに持っておくと本当にフットワークの軽さが違ってくると思います。

 

おわりに

英会話を早くから始めた方がいい理由を書いてきましたが…

英会話はとても楽しいし視野が広がりますよ☺️

 

日本は島国でどちらかというと閉鎖的な国なので独特の空気感がありますよね。

英語を学ぶことで外国人の考え方や雰囲気に触れると、日本をちょっと引いた目線から見ることができます。

何か困ったことがあっても「他の国ではこういったトラブルはないんだろうなー」とか、別の角度から考える癖がついてかなり生きやすくなります。

 

あと外国人は明るい雰囲気の人が多い!

私はハッピーよー♪あなたもハッピーな一日をね♪とか、日本ではなかなか聞けない言葉だなぁと思う。

家に居ながらにして英会話を学びつつ海外の雰囲気を知れるレアジョブ英会話は本当に始めてよかった!

 

無料の体験レッスンだけでもぜひっ↓

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」



 

<関連記事>

英会話の面白さは「会話の内容」にある

 

【2018年】アラサー在宅ワーカーの私が英語を学ぼうと思った理由

 

→「英語」カテゴリーの他の記事を見てみる